【霊園探しNAVI】~横浜版~

HOME > 霊園の豆知識 > 霊園探し、都市部にするか郊外にするか迷ったら

霊園探し、都市部にするか郊外にするか迷ったら

 横浜市は、神奈川県の県庁所在地で、その人口数は、日本の市町村のなかで一番多いです。政令指定都市で、18区あります。会社も多く、京浜工業地帯にあるため工場が多いのが特徴です。
 また都市化が進んでおり、ビルやマンションがたくさん建っている一方で、すぐ近くに、山々がそびえ、温泉地があったり、富士山ものぞめるので、住環境としては申し分なく、人気のエリアです。また、横浜市の東には、東京の都心があるので、都心に通う人が住みやすい場所でもあります。
 臨海部周辺や、東神奈川駅、みなとみらい地区、関内、横浜駅、山下ふ頭周辺は、レジャー面でも発展しており、長い年月をかけた都市計画が続行中で、横浜市のさらなる活性化の一因でもあります。


 人口が多い横浜市では、必然的に、お墓を必要とする人の数も多くなります。
 横浜市に住んでいる人は、市内か、市外の郊外か、どちらにお墓を建てるか選択することになります。市内は、市外に比べ、お値段が張りますが、交通アクセスが良いのが大きなメリットです。
 また、長年住み慣れた地元に、終の棲家となるお墓を建てたいと考える人が、市内の霊園を選ぶようです。郊外は、市内に比べ土地の値段も下がるため、ゆとりのある霊園選びが可能になります。霊園そのもののデザインが凝っていたり、美しかったり、高台にあったり、緑や花に囲まれていたりといったような、環境面を重視した施設もたくさんあります。
 また、バリヤフリーや、共同施設が整っていたりというような、サービス面が充実しているような霊園もあります。
 歴史のある鎌倉市では、寺院型の墓地が多数あります。趣があり、また落ち着いていて高級感のある鎌倉市の墓地は、根強い人気です。このように、神奈川県は、霊園数も多く、またエリアによって個性も異なるのが特徴です。


 東京都心に住んでいる人でさえ、神奈川県で霊園を探すことがあります。
 東京都は神奈川県とお隣なので、交通アクセスもよく、当然選択肢に入ります。つまり、人口の多い横浜市だけでなく、東京都の人たちにでさえも、需要があるということです。
 初めての霊園選びは、どこをチェックしてよいかわからない、とよく言います。道路環境が整い、車で距離があっても、短時間で移動できるようになり、郊外でも、都市部でも、選択できるようになりました。選択肢が増え、価値観が多様化する今、お墓探しをするときに、ナビゲーターの代わりとなるサイトがあります。
 このサイトは、お墓探しに重要な三つの側面を、長年お墓探しのコンサルタントをしている調査員たちが、実際に回ってランキングしていますので、安心できますし、新しい情報を知ることができます。ぜひ、参考にしてみてください。

ページトップへ