【霊園探しNAVI】~横浜版~

HOME > 霊園の豆知識 > 霊園の探し方は、立地や値段や様々な条件を見比べる

霊園の探し方は、立地や値段や様々な条件を見比べる

 霊園は、しばしば「お墓」と同一視されています。霊園にするか、お墓にするか、はたまた納骨堂が良いか選び方に悩むこともあるでしょう。しかし霊園とお墓は違うもの。特に違うのは、宗教に関することです。
 霊園の一番大きな特徴は、宗教を問わないということです。特に公営では、宗教を問い、宗教によって垣根を設けることはしません。キリスト教でも仏教でも神道でも他のものでも、また無宗教であっても納骨が可能です。宗旨の違いからお寺のお墓に断られたとか、納骨堂でも、近くで折り合いのつけられる場所が見つけられなかったという人に選ばれています。
 見晴らしのよいところに、公園型で建設されることが多いです。非常に雰囲気がよく、しかも都会の騒がしさから離れることができるため、静かに眠ることができるというメリットもあります。
 公営の場合は、雰囲気のよさ、価格の安さ、宗教の自由という特徴が顕著です。その代わりに入るには制約が付きまとうこともあるので注意が必要です。


 また、霊園の費用、値段はどこが運営するかによって大きく変わってきます。
 公営の場合、費用はお墓(寺院墓地)に比べて、割安になる確率が高いです。もっとも安いところでは、数万円単位で可能というところもあります。お墓よりも30万円~130万円ほど安く上がります。納骨堂に比べてみると、やや割高ではありますが、手軽さや便利さで霊園を選ぶひともいます。
 しかし、民間霊園の場合、お墓とほぼ値段はかわりません。初期費用は大体300万円程度です。管理元が違う、程度の認識でいたほうが無難でしょう。民間の場合は「競争」があります。
 そのため、永代供養料を無料にしたり、墓石購入の際に値引きをしたり、といった値引きがあることもあります。もともとの金額が大きいから、この値下げは大きいです。ただし、民間の場合は経営が立ち行かず、最悪閉園という可能性も否めません。
 これらのメリット、デメリットを把握して選ぶ必要があるでしょう。


 霊園の雰囲気のよさと引き換えに奪われてしまったものもあります。立地のよさです。
 これは特に公営の霊園に顕著なのですが、大規模で、ある程度見晴らしがよくて、緑がいっぱいの土地を探していった結果として、駅前などの土地は購入できません。郊外を選ぶことになるとバスなどで乗り継いでいかなければなりません。無料バスを出している霊園も多いですが、歳を重ねてからは、お参りしにくい場所にあると大変な面もあるかもしれません。
 一長一短あるので、一概には決められませんが、身内と共に相談して決めるのがスムーズな選び方と言えるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ