【霊園探しNAVI】~横浜版~

HOME > 霊園の豆知識 > どんな霊園に入ると嬉しいのでしょう

どんな霊園に入ると嬉しいのでしょう

 ここ数年で新しく使われるようになっている言葉に「終活」と言うものがあります。就職活動の就活をもじったもので、その人の人生の終末を考えることで、延命治療とか介護、葬儀、お墓の場所などの希望をまとめ、準備をすることを指したものと言えるものになります。
 その中で大きな問題になっているものが、お墓の場所になります。ふるさとを出て来た人が多い、大きな街に住む人にとっては、骨を埋める場所がない場合が多くなっています。
 一般的には、お墓に入ることになるのですが、そのお墓を購入するにも、費用が莫大であったり、便利なお寺では、空がないと言う事態にもなっているのが、現状です。


 基本的な考え方として、お墓を持つにはまずそのお寺の檀家になる必要があります。
 この檀家になると言うことは、お墓を持つ権利を有することだけでなく、そのお寺の運営にも支援をすることになります。普段から寄付とか修繕費と言った負担もする必要が生まれます。この負担を嫌う人は、寺院のお墓でなく、霊園と言った場所でお墓を建てることになります。
 この霊園には、公営が運営する霊園と民間が運営する二つの種類があります。民間の霊園では、公益法人とか宗教法人などが、主に運営をしていて、公営に関しては、地方自治体などが運営を行なっています。
 またこの霊園を選択することで、法事を行なう時には、僧侶、読経依頼、場所の選択などは、自身が全て行なうことになります。


 いろいろな理由から今では、霊園を選択する人が多くなっているのですが、その選び方にはたくさんの方法が考えられます。まずは、ネットから検索することが多くなり、その比較サイトで検索される一番の選択方法としては、やはり金額が関係して来ます。
 その中でも、墓参りに行ける範囲内において、予算別になっているサイトが人気になっています。また、地域別に選択出来ることも、人気の理由です。簡単にお参りに行ける場所が喜ばれる訳で、遠くなってしまっては、墓掃除も困難になってしまう不便さだけが、残ってしまうからです。
 更には、設備も気になると言われます。やはり、清掃・メンテナンスが行き届いた霊園が良いと言うことになり、汚れが目立つ所は、避けられるようになっています。ご先祖様は勿論、自身も汚い霊園では、嬉しくないことがハッキリしていると言えるでしょう。
 これら情報がキチンと掲載されている比較サイトに、人気が集まっています。霊園を選択する側にとっては、とても大きな情報と言えるからなのでしょう。

次の記事へ

ページトップへ